果たして酵素ドリンクを冷凍しても大丈夫か

人々は飲料を冷凍する事があります。特に夏の時期などは、その傾向が顕著です。よくスポーツドリンクなどを、冷凍して外出先に持ち込む方々も居るでしょう。それで酵素飲料に対しても、冷凍する選択肢が浮上する事があります。冷凍をしても問題はありませんが、それでも早めに飲むのが望ましいでしょう。

1.冷凍による変性と失活

ところで物品を冷凍すると、大抵は2つのパターンに大別されます。変性と呼ばれる状態になるか、失活のどちらかになるのです。まず前者は、物品の機能がそのものが損なわれてしまう状態を指します。

例えば生卵などを冷凍すれば、当然常温の卵とは状況が大きく異なってきます。少なくとも冷凍された卵は、まず食用は難しいと考えて良いでしょう。たとえ解凍しても、卵本来の状態が変わってしまっている事もあります。それが、いわゆる変成です。

2.解凍をしても栄養価などは失われない失活

それに対して上述の失活の場合は、変性ほど大きな影響は受けません。上述のスポーツドリンクも、その1つになります。

もちろん凍ったスポーツドリンクを飲むのは不可能ですが、それでも熱などで溶かせば、元のように飲む事は可能なのですね。本来の栄養価などが損なわれないのが、失活になります。

3.酵素飲料は失活になる

では冒頭で述べた酵素ドリンクはどうなるかと言うと、基本的にはスポーツドリンクとほぼ同じです。つまり変性ではなく、失活になるのです。

スポーツドリンクと同じく、暖かいところで液体状に戻してあげれば、通常通りドリンクを飲む事ができます。したがって冷凍をしても、別に問題は無いのですね。

4.長い期間が経過すると効果が失われる

ですが、それでもあまり長い期間の冷凍は禁物です。少なくとも冷凍し始めてから1年も経過すると、酵素飲料の中ある栄養分などは、ほぼ大部分が死滅してしまいます。

ですので一度は冷凍した場合でも、できるだけ早めに酵素飲料を飲むのが望ましいですね。長期冷凍は禁物です。

冷凍後は早く飲むのが良い

ですので酵素飲料の冷凍に関しては、

・失活をするので栄養は損なわれない
・スポーツドリンク同様に液体にすれば通常通り飲む事はできる
・あまり長期間の冷凍保管は望ましくない

このように言える訳ですね。つまり保管期間が短めなスポーツドリンクと考えれば良いでしょう。スポーツドリンクは長期冷凍の保管は可能ですが、酵素飲料はそれは難しい訳です。

外出先に持ち込む為に冷凍したとしても、数日や数週間など早めに飲むのが望ましいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *